乳酸菌や酵素サプリメントで体質改善【健康になりたーい!】

目を閉じて笑顔の女性

膝の痛みは

膝に人工関節を入れる手術療法

強い膝の痛みがある場合はもちろん、専門機関で治療を受けることをお勧めします。 膝の痛みの原因が変形性膝関節症であった場合、治療の内容はまず、薬物療法や運動療法、装具による補助療法などの保存療法が行われます。 それらを継続しても効果が得られず、耐え難い膝の痛みも伴うとき、膝の人工関節を手術により入れるという治療法を考慮することもあります。 手術のリスクも含め医師の説明を十分に受け、納得して選択することがとても大切です。 手術期間である3週間ほどの入院と、その後数か月のリハビリを経て、ようやく膝の痛みが軽減する患者さんが多いようです。他にも、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などをサプリメントや健康食品で摂取するのも予防改善に繋がるのでおすすめです。

骨と骨の間のクッションがすり減ることがある

膝には軟骨と呼ばれる、骨と骨のクッションの役割を果たすものが収まっています。 この軟骨や膝関節の周りの膜や筋肉により、膝の円滑な動きが可能になるのです。 しかし加齢や運動不足、肥満によりこの軟骨がすり減ることがあります。 膝には動く度に、体重の何倍もの力が加わっているためです。 すり減って荒れた軟骨やはがれたかけらは、膝の周りの組織を刺激し炎症を引き起こします。 また、軟骨がほとんどなくなり骨と骨とが直接ぶつかるようになってしまうこともあります。 このようにして、人によっては膝の曲げ伸ばしをする度に、強い膝の痛みを生じるようになってしまうのです。 前述した膝の人工関節は、平均的に20年ほどは使用することができると言われています。 安易に決断できる治療法ではありませんが、選択肢の一つとして知っておいても損はないのかもしれません。